コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜間弓川 さくらまきゅうせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜間弓川
さくらまきゅうせん

[生]1889.5.18. 東京
[没]1957.3.1. 東京
能楽シテ方。金春流。本名金次。旧名金太郎明治の名人桜間伴馬 (左陣) の次男として生れ,6歳のとき,『三井寺』の子方初舞台。 1951年弓川と改名。同年芸術選奨文部大臣賞を受賞。 57年日本芸術院会員となる。また,高浜虚子の作詞,弓川の作曲で新作能時宗』『奥の細道』を創作し,後者を 1944年初演した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

桜間弓川【さくらまきゅうせん】

能楽師。金春流シテ方。旧名金太郎。桜間伴馬の次男。豪快でしかも神経のゆきとどいた芸風。1955年秘曲関寺小町》を上演。1957年芸術院会員。門下に長男の桜間金太郎〔1916-1991〕,本田秀男〔1899-1966〕,桜間道雄など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜間弓川 さくらま-きゅうせん

1889-1957 明治-昭和時代の能楽師シテ方。
明治22年5月18日生まれ。桜間伴馬(ばんま)の次男。金春(こんぱる)流。明治34年「船弁慶」で初シテ。昭和10年野上豊一郎監修によるの海外普及映画「葵上(あおいのうえ)」に出演。28年芸術院賞。30年老女物の秘曲「関寺(せきでら)小町」を上演。芸術院会員。昭和32年3月1日死去。67歳。東京出身。前名は金太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さくらまきゅうせん【桜間弓川】

1889‐1957(明治22‐昭和32)
能楽師。金春(こんぱる)流シテ方。桜間伴馬(ばんま)の次男。初名は金太郎。1894年《三井寺》の子方で初舞台,1901年《船弁慶》で初シテ。父の薫陶を受け,巧緻な謡と鮮麗な型をもって東京の金春流のみならず大正・昭和の能楽界を代表する一人であった。《望月》《石橋(しやつきよう)》《安宅》《猩々乱(みだれ)》の舞台はことに名演とうたわれた。1950年弓川と改名。55年老女物の秘曲《関寺小町》をつとめた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さくらまきゅうせん【桜間弓川】

1889~1957) 能楽師。シテ方金春流。初名金太郎。左陣の二男。謡・型・声・姿のバランスがとれた美しい演技で観客を魅了した名手。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桜間弓川
さくらまきゅうせん
(1889―1957)

能楽師。金春(こんぱる)流シテ方。明治三名人の一人、桜間伴馬(ばんま)の次男。前名金太郎。東京に生まれる。流儀の古雅な芸風に鋭い感覚を加え、あらゆる曲に豪快あるいは巧緻(こうち)な舞台をみせた名人。低音の利いた華麗な謡(うたい)、鮮やかな型は比類がなかった。1955年(昭和30)最高の秘曲『関寺(せきでら)小町』を上演。新作能にも意欲をみせ、高浜虚子(きょし)作『時宗(ときむね)』『義経(よしつね)』『奥の細道』を演じている。57年芸術院会員。桜間竜馬(金太郎、1916―91)はその長男。従兄弟(いとこ)に桜間道雄がいる。[増田正造]
『桜間金太郎著『桜間芸話』(1948・わんや書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

桜間弓川の関連キーワード桜間金太郎(2世)守屋 与四己梅村 平史朗本田 秀男増田正造昭和時代

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android