桜間弓川(読み)さくらまきゅうせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜間弓川
さくらまきゅうせん

[生]1889.5.18. 東京
[没]1957.3.1. 東京
能楽シテ方。金春流。本名金次。旧名金太郎明治の名人桜間伴馬 (左陣) の次男として生れ,6歳のとき,『三井寺』の子方初舞台。 1951年弓川と改名。同年芸術選奨文部大臣賞を受賞。 57年日本芸術院会員となる。また,高浜虚子の作詞,弓川の作曲で新作能時宗』『奥の細道』を創作し,後者を 1944年初演した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜間弓川 さくらま-きゅうせん

1889-1957 明治-昭和時代の能楽師シテ方。
明治22年5月18日生まれ。桜間伴馬(ばんま)の次男。金春(こんぱる)流。明治34年「船弁慶」で初シテ。昭和10年野上豊一郎監修によるの海外普及映画「葵上(あおいのうえ)」に出演。28年芸術院賞。30年老女物の秘曲「関寺(せきでら)小町」を上演。芸術院会員。昭和32年3月1日死去。67歳。東京出身。前名は金太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さくらまきゅうせん【桜間弓川】

1889‐1957(明治22‐昭和32)
能楽師。金春(こんぱる)流シテ方。桜間伴馬(ばんま)の次男。初名は金太郎。1894年《三井寺》の子方で初舞台,1901年《船弁慶》で初シテ。父の薫陶を受け,巧緻な謡と鮮麗な型をもって東京の金春流のみならず大正・昭和の能楽界を代表する一人であった。《望月》《石橋(しやつきよう)》《安宅》《猩々乱(みだれ)》の舞台はことに名演とうたわれた。1950年弓川と改名。55年老女物の秘曲《関寺小町》をつとめた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さくらまきゅうせん【桜間弓川】

1889~1957) 能楽師。シテ方金春流。初名金太郎。左陣の二男。謡・型・声・姿のバランスがとれた美しい演技で観客を魅了した名手。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桜間弓川
さくらまきゅうせん
(1889―1957)

能楽師。金春(こんぱる)流シテ方。明治三名人の一人、桜間伴馬(ばんま)の次男。前名金太郎。東京に生まれる。流儀の古雅な芸風に鋭い感覚を加え、あらゆる曲に豪快あるいは巧緻(こうち)な舞台をみせた名人。低音の利いた華麗な謡(うたい)、鮮やかな型は比類がなかった。1955年(昭和30)最高の秘曲『関寺(せきでら)小町』を上演。新作能にも意欲をみせ、高浜虚子(きょし)作『時宗(ときむね)』『義経(よしつね)』『奥の細道』を演じている。57年芸術院会員。桜間竜馬(金太郎、1916―91)はその長男。従兄弟(いとこ)に桜間道雄がいる。[増田正造]
『桜間金太郎著『桜間芸話』(1948・わんや書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さくらま‐きゅうせん【桜間弓川】

能楽師。金春流。前名金太郎。東京出身。父左陣に師事。古雅巧緻な芸風の逸材。重要無形文化財保持者。芸術院会員。明治二二~昭和三二年(一八八九‐一九五七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android