増田象江(読み)ますだ きさえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増田象江 ますだ-きさえ

1818-1895 江戸後期-明治時代の画家。
文政元年生まれ。出羽(でわ)本荘(ほんじょう)(秋田県)の絵師増田家の養子となり,谷文晁(ぶんちょう)にまなぶ。木石収集に凝(こ)り,長さ1尺2寸(約36cm)の(すずり)をいつも腰にし,奇人として知られた。明治28年死去。78歳。本姓は小島。号は木石長者,帯硯翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android