コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増田象江 ますだ きさえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増田象江 ますだ-きさえ

1818-1895 江戸後期-明治時代の画家。
文政元年生まれ。出羽(でわ)本荘(ほんじょう)藩(秋田県)の絵師増田家の養子となり,谷文晁(ぶんちょう)にまなぶ。木石収集に凝(こ)り,長さ1尺2寸(約36cm)の硯(すずり)をいつも腰にし,奇人として知られた。明治28年死去。78歳。本姓は小島。号は木石長者,帯硯翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

増田象江の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android