コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増田象江 ますだ きさえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増田象江 ますだ-きさえ

1818-1895 江戸後期-明治時代の画家。
文政元年生まれ。出羽(でわ)本荘(ほんじょう)藩(秋田県)の絵師増田家の養子となり,谷文晁(ぶんちょう)にまなぶ。木石収集に凝(こ)り,長さ1尺2寸(約36cm)の硯(すずり)をいつも腰にし,奇人として知られた。明治28年死去。78歳。本姓は小島。号は木石長者,帯硯翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

増田象江の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android