コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壁糸織(り) カベイトオリ

デジタル大辞泉の解説

かべいと‐おり【壁糸織(り)】

横糸に壁糸を使った織物。夏の着尺地などに使う。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の壁糸織(り)の言及

【糸織】より

…経緯糸ともに片撚りのもの,諸撚りのもの,経糸に諸撚り,緯糸に片撚りのものなどで経緯糸ともに同じくらいの太さの糸使いが普通である。織物組織を斜文,変化斜文を用いて織ったものを綾糸織と呼び,このほか,素材が玉糸使いのものを節糸織(節織,節縞),壁糸を織り込んだものを壁糸織という。可良糸織,高貴織,市楽織,八端織,黄八丈,大島などは糸織であり,なかでも諸糸織は良品とされる。…

※「壁糸織(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

壁糸織(り)の関連キーワード壁織り・壁織糸織壁織横糸

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android