壇秋芳(読み)だん あきよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

壇秋芳 だん-あきよし

1804-1886 江戸後期-明治時代の儒者。
文化元年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)の人。樺島石梁(かばしま-せきりょう)にまなぶ。私塾鶴鳴堂をひらいた。明治19年12月死去。83歳。通称は総吉郎。号は宇宙閑人,東郊。著作に「十八史略系図」「昔々春秋外伝」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android