売り家と唐様で書く三代目(読み)ウリイエトカラヨウデカクサンダイメ

  • 売(う)り家(いえ)と唐様(からよう)で書(か)く三代目(さんだいめ)

大辞林 第三版の解説

努力して築き上げた家産も孫の代になると遊び暮らして使い果たし、ついには家まで売りに出す。しかも「売り家」札はその道楽ぶりを物語ってしゃれた唐様の書体で書いてある、ということ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ことわざを知る辞典の解説

初代が苦労して築いた家や財産も、三代目ともなると商売そっちのけで遊芸などにを持ち崩し没落して、ついに自分の家を売り家に出すようになる。その売家札のが唐様で、しゃれている。遊芸におぼれて商売をるすにした生活がしのばれる、という川柳

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android