コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

売り家と唐様で書く三代目 ウリイエトカラヨウデカクサンダイメ

デジタル大辞泉の解説

売(う)り家(いえ)と唐様(からよう)で書(か)く三代目(さんだいめ)

初代が苦心して財産を残しても、3代目にもなると没落してついに家を売りに出すようになるが、その売り家札の筆跡唐様でしゃれている。遊芸にふけって、商いの道をないがしろにする人を皮肉ったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うりいえとからようでかくさんだいめ【売り家と唐様で書く三代目】

努力して築き上げた家産も孫の代になると遊び暮らして使い果たし、ついには家まで売りに出す。しかも「売り家」札はその道楽ぶりを物語ってしゃれた唐様の書体で書いてある、ということ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

売り家と唐様で書く三代目の関連キーワード売り家・売家初代家産書体

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

売り家と唐様で書く三代目の関連情報