コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

売渡状 ウリワタシジョウ

デジタル大辞泉の解説

うりわたし‐じょう〔‐ジヤウ〕【売渡状】

江戸時代、土地などの売買にあたって、売り主が証拠として買い主に出した文書。売買証文。売り券。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の売渡状の言及

【売券】より

…不動産,主としてその上に設定された諸権利を売り渡すときに,売主から買主に渡される私的な証文をいう。中世では沽券(こけん),沽却状(こきやくじよう),近世では売渡状(うりわたしじよう),売渡証文などと称する。 奈良時代には,公田の売買は禁止され,墾田・園地・宅地の売買は許された。…

※「売渡状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone