コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

売(り)券/沽り券 ウリケン

6件 の用語解説(売(り)券/沽り券の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うり‐けん【売(り)券/×沽り券】

不動産やその他の財産を売る場合、売り手が買い手に渡す証文。売り券状。ばいけん。

ばい‐けん【売券】

平安中期から江戸時代、土地・家屋・諸権利などの売買の際、売り手から買い手に渡す売り渡し証文。売り券。沽券(こけん)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

売券【ばいけん】

不動産ほか多様な諸権利を売り渡すとき,売り主から買い主に渡された証文。奈良時代には,売買が許された懇田・園地・宅地につき,売主・買主間で売買合意書(解状)を作成,郡・国へ上申し官印を得た登記証書ともいうべきものを売券といった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ばいけん【売券】

不動産,主としてその上に設定された諸権利を売り渡すときに,売主から買主に渡される私的な証文をいう。中世では沽券(こけん),沽却状(こきやくじよう),近世では売渡状(うりわたしじよう),売渡証文などと称する。 奈良時代には,公田の売買は禁止され,墾田・園地・宅地の売買は許された。その手続は,まず売主・買主間の売買合意書(辞状,解状(げじよう)などという)が土地所在地の郷長(ごうちよう)に提出され,郷長は審査のうえ,解状の形式でこれを郡へ,郡はこれを国へと上申する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ばいけん【売券】

主として平安中期から室町時代にかけ、土地や物の売買の際、売り手より買い手に渡す売買成立の証文。沽却状こきやくじよう。沽券こけん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

売券
ばいけん

財産の売買に際し、売買行為の合法性と将来にわたるその効果を保証するために、売り主から買い主に渡される証文。「うりけん」ともいう。沽券(こけん)、沽却状(こきゃくじょう)ともいい、近世では売渡証文などともよぶ。冒頭を「売渡」「沽却」「沽却進」などの文言で書き出すのが普通。現存する売券のほとんどは土地や土地上の諸権利に関するものであるが、なかには人身の売券もある。その形式は時代によって著しく変化している。律令(りつりょう)制下の土地売券では、当事者の申請によって、所管官司が上級官司の許可を得るために作成した「解(げ)」様式をとるものが多い。しかし平安中期以降、売買が当事者相互の契約に変化するとともに、売券も売り主が作成・署判する形となった。この署判者に、一族近親・保証人・口入人(くにゅうにん)などが加わる場合もある。また、売券の記載内容はまず売買対象物の特定を要件とするが、そのほか、私的証文としての性格が強まるにつれ、徳政担保文言など種々の保証(担保)文言が明確化する傾向をもつ。なお、売買のとき、売券とともにその土地に関するいっさいの権利関係文書(手継(てつぎ)券文)が売り主から買い主に引き渡されるのが原則であった。[久留島典子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の売(り)券/沽り券の言及

【徳政文言】より

…正しくは徳政担保文言。中世の土地売券に付されている売渡物件の保証契約である担保文言の一つ。徳政令がだされても,売主は当該物件の取戻しを要求しないことを保証した契約条項。…

【永代売】より

…日本中世の土地売却形態の一つ。永久に売る売却の意で,中世の土地売買契約書である売券に多くみられ,今日の〈売却〉に近い意味の言葉として使用されている。日本の古代社会の土地売却における〈売る〉という語には,賃租を意味する〈売〉と〈永売〉という2形態が存在した。…

※「売(り)券/沽り券」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

売(り)券/沽り券の関連キーワード財団不動産登記不動産登記法乙区共同担保目録権利の登記抵当権の抹消根抵当権不動産投資信託(J―REIT)無剰余

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone