壺屋久兵衛(読み)つぼや きゅうべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

壺屋久兵衛 つぼや-きゅうべえ

?-? 江戸時代前期の陶器商。
明暦のころ京都で伊万里焼をあきない,京都で磁器をうった最初とされる。陶器商青山幸右衛門よりきいた赤絵の技法を野々村仁清(にんせい)につたえたという。歌舞伎・浄瑠璃(じょうるり)「椀久(わんきゅう)物」の椀屋久右衛門と同一人物とつたえられる。通称は九郎兵衛とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android