コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野々村仁清 ののむら にんせい

美術人名辞典の解説

野々村仁清

江戸前期の陶工。丹波生。名は清右衛門、通称清兵衛。金森宗和の指導を得て優雅な色絵陶や、仁清釉と称される茶器類を残す。寛永頃を中心に活躍し、万治年間(1658~1661)に歿。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ののむら‐にんせい【野々村仁清】

江戸初期の陶工。丹波の人。通称、清右衛門。京都御室(おむろ)の仁和寺(にんなじ)門前に窯を築いた。優雅な作風で、蒔絵(まきえ)の趣を応用した色絵陶器を得意とした。京焼の大成者ともされる。生没年未詳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

野々村仁清【ののむらにんせい】

江戸前期の京焼の陶工。丹波国桑田郡野々村の生れ。生没年不詳。明暦前後〜元禄ごろに活躍し,御室,音羽,御菩薩(みぞろ)など京都の各地で作陶した。轆轤(ろくろ)が巧みで,蒔絵(まきえ)の趣を応用し優美な色絵陶器を完成し,京焼の大成者といわれる。
→関連項目赤絵尾形乾山金森宗和清水焼仁阿弥道八

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野々村仁清 ののむら-にんせい

?-1694? 江戸時代前期の陶工。
京都粟田口(あわたぐち),尾張(おわり)(愛知県)瀬戸でまなび,正保(しょうほ)4年ごろ京都仁和寺(にんなじ)門前に窯をひらく。金森宗和の指導のもとに唐物(からもの),瀬戸写しの茶入れなどをつくり,京焼色絵陶器を大成した。元禄(げんろく)7年?死去。丹波桑田郡(京都府)出身。通称は清右衛門。作品に「色絵藤花図茶壺」「色絵雉子(きじ)香炉」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ののむらにんせい【野々村仁清】

江戸前期の京焼陶工。生没年不詳。野々村清右衛門といい,丹波国野々村(現,京都府北桑田郡美山町)の出身といわれる。若くして瀬戸,美濃,京都粟田口などで陶法を学び,1647年(正保4)ころ御室(おむろ)仁和寺門前に御室焼をはじめた。明暦年間(1655‐58)には仁和寺の〈仁〉と清右衛門の〈清〉の字を合わせて〈仁清〉と称し,製品に〈仁清〉の銘印を捺(お)した。開窯期の御室窯は唐物や瀬戸写しの茶入,高麗茶碗写しなどを主流に金森宗和好みの斬新な器形,瀟洒な銹絵(さびえ)(鉄絵の一種)や染付,色絵などを施した茶器や懐石道具などを製作した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ののむらにんせい【野々村仁清】

江戸初期の陶工。丹波国の人。通称、清右衛門。京都御室おむろの仁和寺近くで開窯。色絵陶器を完成し、京焼の祖とされる。特に、金銀を用いた「色絵藤花図茶壺」「色絵雉子香炉」などの名作で知られる。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野々村仁清
ののむらにんせい

江戸時代,慶安期頃 (1648~52) から延宝 (73~81) 期頃に活躍した陶工。丹波国北桑田郡野々村の出身。通称,清右衛門。仁清の号は仁和寺と清右衛門の頭文字をとって仁和寺門跡から与えられたもの。京都の粟田口や美濃の瀬戸で製陶を学び,のち仁和寺門跡と知合い同寺門前に窯 (御室窯) を築いて,おもに茶器類を焼いた。作品は御室 (おもろ) 焼と呼ばれ,特に錦手にすぐれ,絵付けは伝統的な画風に従い,また蒔絵の黒漆地や金砂子の効果を取入れた日本趣味豊かなもので,茶壺に傑作が多い。彫塑技術にもすぐれ宝螺貝 (ほらがい) ,雉子 (きじ) などの香炉の遺品がある。作品には大小の仁清印が押されている。主要作品『色絵輪宝羯磨 (りんぽうかつま) 』 (57,藤田美術館) ,『色絵雉香炉』 (石川県美術館) ,『色絵藤花文茶壺』 (MOA美術館) ,『色絵梅月文茶壺』 (東京国立博物館) ,『色絵桜花文茶壺』 (静嘉堂文庫) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野々村仁清
ののむらにんせい

生没年未詳。江戸初期(17世紀後半)の京焼の名工。丹波(たんば)国(京都府)野々村の出身と伝えられ、本名は清右衛門(せいえもん)。早くから京都粟田口(あわたぐち)で修業し、ついで瀬戸に赴き茶陶を学んだ。帰洛(きらく)後、茶人金森宗和(かなもりそうわ)の推挙で洛西の御室(おむろ)仁和寺(にんなじ)門前に開窯。門跡から仁和寺のと清右衛門のをとった仁清の号を賜り、以後これを銘印とした。
 仁清の名は慶安(けいあん)2年(1649)の文献に初出する。作品のほとんどが茶器や懐石道具で、当時すでに時流は、従来の「わびさび」から「きれいさび」にかなう華美な茶風に移行し始めていたため、みごとにこの傾向をとらえ、すでに京で試みられていた色絵上絵付(うわえつけ)法を習得し、新様式の頂点にたつ陶工として絶大な声価を得た。その指導者として宗和の存在は大きく、もっぱら宗和好みの「きれいさび」の美意識に基づく茶陶が焼かれた。1656年(明暦2)宗和が没するまでには色絵法を大成し、以後1660年代~70年代が全盛期と推測される。仁清の作陶を代表する色絵陶磁の多くはこの時期の焼造とみられ、梅月・藤(ふじ)・吉野山・若松・芥子(けし)などの茶壺(つぼ)、梅・牡丹(ぼたん)・菊水などの水指(みずさし)、雉子(きじ)や法螺貝(ほらがい)の香炉などが著名で、国宝、重要文化財の指定も多い。茶人や宮方の需要にちなんで形や文様に堂上趣味の意匠の著しいのも仁清作品の特色といえる。
 1694年(元禄7)までには2代清右衛門が家督を継いでいるが、その力量は初代にはるか及ばず、御室焼とも称された仁清窯も一挙に凋落(ちょうらく)したと考えられる。したがって遺品には2代目の作品もあるはずであるが、その弁別は不詳。作品は量産品と一品制作とを区別したものと思われ、現存する「仁清」の捺印(なついん)のある遺品のほとんどは一品制作であり、類型的なものの大半が消失していることが、窯址(ようし)出土の陶片と伝世品との比較から判じられる。[矢部良明]
『河原正彦編『日本陶磁全集 27 仁清』(1976・中央公論社) ▽満岡忠成編『世界陶磁全集 6 江戸(1)』(1975・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の野々村仁清の言及

【江戸時代美術】より

… また,陶磁器では,江戸初期に大量に輸入された中国陶磁の刺激による色絵磁器の技法の開発が特記される。1640年代になって酒井田柿右衛門が赤絵磁器の技法を工夫し,これを契機に有田(伊万里),古九谷,鍋島などすぐれた色絵・染付磁器が各地で焼かれ,野々村仁清による色絵陶器と相まって日本陶磁史上の一つの頂点を形成した。これらの磁器は,当時南蛮焼と呼ばれていたように,中国磁器の様式に強く影響されたものであり,中国的な意匠による有田(伊万里)焼は,清代の磁器に代わってヨーロッパに大量に輸出された。…

【京焼】より

…しだいに銹絵(さびえ)や染付なども併用し,瀬戸の緑釉(織部釉)や交趾(こうち)釉,七宝釉,色楽釉などを用いて,京焼色絵陶器の先駆的なものが作られた。これらの陶技が集大成され,京焼の存在が広く知られるようになるのは,野々村仁清による〈御室(おむろ)焼〉の出現によってであった。仁清は1656‐57年(明暦2‐3)ごろから本格的な色絵陶器を焼造した。…

【仁和寺】より

…金堂は国宝,五重塔,御影堂,二王門,中門,観音堂などは重要文化財,庭園は池泉回遊式で飛濤亭(ひとうてい),遼廓亭(りようかくてい)の茶室(いずれも重要文化財)がある。 寛永再建のころ,野々村仁清が当寺門前辺に窯を開き,仁清窯また御室焼と呼ばれて公家,社寺,武家,上層町衆に好まれたことは有名である。江戸後期には大内山の西の成就山に四国八十八ヵ所霊場をうつして,御室八十八ヵ所として庶民信仰を集め,現在も参詣者が多い。…

※「野々村仁清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

野々村仁清の関連情報