壺皿(読み)ツボザラ

  • ×壺皿

デジタル大辞泉の解説

本膳(ほんぜん)料理に用いる、小さくて深い食器。
ばくちの采(さい)を入れて伏せるのに用いる器。壺。
見開いた大きな目。
「睨(にら)む眼の―より、無念の涙はらはらはら」〈・双生隅田川〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「つぼさら」とも)
① 膳部に用いる小さくて深い食器。壺の形をした小さな皿。つぼ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※俳諧・鶉衣(1727‐79)前「壺皿の豆腐にきざみ昆布の味も覚束なく」
② ①の形のような大きな目。
※浄瑠璃・国性爺後日合戦(1717)二「此、甘輝がまなこはつぼさら」
③ さいころ博打(ばくち)で、采(さい)を入れて伏せるのに用いる道具。つぼ。
※洒落本・跖婦人伝(1753)「坪皿(ツホサラ)のそこはかとなき仕凝博奕(しこりばくち)の、どうも動かぬ身となりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android