変幻自在(読み)へんげんじざい

四字熟語を知る辞典「変幻自在」の解説

変幻自在

変化したり出没したりすることが思いのままであること。

[活用] ―な・―の・―に。

[使用例] その扮装の巧みさに掏摸仲間の目をくらまして変幻自在の活躍をした[川口松太郎*人情馬鹿物語|1955]

[使用例] 竹林下草の中にからピンクへと変幻自在な色でふるえている、生まれてはじめて晴れ着をきた女の子のようなキノコを[加賀乙彦*くさびら譚|1968]

[類語] へんげんしゅつぼつ

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「変幻自在」の解説

へんげん‐じざい【変幻自在】

〘名〙 (形動) 出没や変化が自由自在なこと。また、そのさま。
※人情馬鹿物語(1955)〈川口松太郎〉七「その扮装の巧みさに掏摸仲間の目を晦(くら)まして変幻自在の活躍をした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「変幻自在」の解説

へんげん‐じざい【変幻自在】

[名・形動]思うままに姿を変えて、現れ消えること。また、そのさま。「変幻自在怪盗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android