コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏書(き) ゲガキ

デジタル大辞泉の解説

げ‐がき【夏書(き)】

[名](スル)仏語。夏安居(げあんご)の期間中、経文を書写すること。また、書写した経文。 夏》「なつかしき―の墨の匂ひかな/蕪村

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

夏書(き)の関連キーワード千宗左(せんのそうさ)千宗左(4代)田畑修一郎夏書き納め広津柳浪山科宗甫利休七哲表千家千宗左書経

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android