夏安居(読み)ゲアンゴ

  • 夏安▽居

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。夏(げ)の期間、安居に励むこと。夏行(げぎょう)。夏籠(げごもり)。《季・夏》
※霊異記(810‐824)上「沙門慈応大徳、檀越の請に因りて夏安居し、法花経を講ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の夏安居の言及

【安居】より

…インドの僧伽で雨季の間,行脚托鉢をやめて寺院(阿蘭若(あらんにや))の中で座禅修学するのを,安居または雨安居(うあんご),夏安居(げあんご)といった。これは仏教が伝播した国々でも,雨季の有無にかかわらずおこなわれ,多くは4月15日から7月15日までの90日であった。…

※「夏安居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android