コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏安居 ゲアンゴ

デジタル大辞泉の解説

げ‐あんご【夏安居】

仏語。僧が、夏(げ)の期間、外出せずに一所にこもって修行をすること。夏籠もり夏行(げぎょう)。 夏》安居

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

げあんご【夏安居】

〘仏〙 夏の三か月の間、僧が一か所にこもって修行すること。夏行げぎよう。夏籠げごもり[季] 夏。 → あんご(安居)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の夏安居の言及

【安居】より

…インドの僧伽で雨季の間,行脚托鉢をやめて寺院(阿蘭若(あらんにや))の中で座禅修学するのを,安居または雨安居(うあんご),夏安居(げあんご)といった。これは仏教が伝播した国々でも,雨季の有無にかかわらずおこなわれ,多くは4月15日から7月15日までの90日であった。…

※「夏安居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

夏安居の関連キーワード夏籠り・夏篭り・夏籠もり法臘・法臈・法﨟夏臘・夏臈・夏﨟仏教行事盂蘭盆会盂蘭盆経夏断ち安居院冬安居江湖会雨安居夏書き夏明き自恣日恵琳解夏上﨟半夏夏書結夏

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android