コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏白菊 ナツシロギク

デジタル大辞泉の解説

なつ‐しろぎく【夏白菊】

キク科の多年草。高さ約60センチ。夏に白や黄色の頭状花を多数開く。ヨーロッパの原産。マトリカリア。なつのこしろぎく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なつしろぎく【夏白菊】

キク科の多年草。ヨーロッパ原産。観賞用に栽培する。高さ約60センチメートル。葉は羽状に深裂。夏、径2センチメートルほどの白色の頭花を多数頂生する。園芸種は舌状花ばかりの八重咲き。マトリカリア。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

夏白菊 (ナツシロギク)

学名:Chrysanthemum parthenium
植物。キク科の多年草,薬用植物

夏白菊 (ナツシロギク)

植物。マトリカリアの和名

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

夏白菊の関連キーワード八重咲き舌状花深裂頭花