コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏目重蔵 なつめ じゅうぞう

1件 の用語解説(夏目重蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

夏目重蔵 なつめ-じゅうぞう

?-1862 江戸時代後期の商人。
三河吉田(愛知県豊橋市)で家業の金物商笹屋をつぐが,のち倒産。弘化(こうか)元年から18年の歳月をかけて「三河国名所図絵」20巻をまとめる。これは昭和8年に刊行された。文久2年9月15日死去。56歳ぐらいといわれる。字(あざな)は可敬。号は米花園。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

夏目重蔵の関連キーワード五箇所商人江戸棚伊藤一清宗七(5代)西川屋茂平原田圭岳松本亀岳耳依天具知室谷賀弘和琢舎綾丸

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone