コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏芝居 ナツシバイ

デジタル大辞泉の解説

なつ‐しばい〔‐しばゐ〕【夏芝居】

に興行される芝居。安価で、水狂言怪談物、喜劇などが多く上演される。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なつしばい【夏芝居】

夏に興行する芝居。怪談物や水狂言が多く行われる。 [季] 夏。 《 祀りある四谷稲荷や- /後藤夜半 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の夏芝居の言及

【怪談】より

…松助はこの役で,乱れ髪や漏斗(じようご)と称する先細りの裾の鼠色の衣装などを円山応挙の絵を参考に工夫し,また引込みには仏壇へ飛びこむなどの手法で演じ,観客を驚かせた。いらい松助は夏芝居として新工夫の怪談物を続演し,さらにその子3世尾上菊五郎,3世の孫の5世菊五郎らによって継承,集大成された。上方では4世市川小団次・市川斎入(さいにゆう)(右団次)系の亡霊の芸が残された。…

【歌舞伎】より

…これは〈二の替り〉よりは軽い内容がいいとされていた。 6,7月は原則として芝居を休んだが,のちには〈夏芝居〉といって,ふだんは大役をもらえない低い地位の役者を中心にし,入場料の安い勉強芝居を興行することがあった。文化・文政期になると,大立者も参加して,夏向きの狂言を演ずる特別興行を行うこともあった。…

※「夏芝居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

夏芝居の関連キーワード伊勢音頭恋寝刃天竺徳兵衛韓噺夏祭浪花鑑後藤夜半福森久助鶴屋南北鯉つかみ尾上松助鯉掴み縁切り夏狂言本水鯉攫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android