夏越(読み)なごし

日本大百科全書(ニッポニカ)「夏越」の解説

夏越
なごし

旧暦6月30日の祓(はら)いの行事。名越とも書く。水無月(みなつき)つごもりの大祓いといい、宮中をはじめ民間においても忌(い)み日として祓いの行事が行われた。この日、輪くぐりといって氏神の社前に設けた大きな(ち)の輪(わ)をくぐり災厄を祓う。宮廷においても故実として清涼殿で行われたことは『御湯殿上日記(おゆどののうえにっき)』などに記されている。神社からは氏子の家に紙人形(かみひとがた)を配布し、それに氏名・年齢を記してお宮に持参して祓ってもらう。

 この時期は農家にとって稲作や麦作などに虫害・風害などを警戒するだいじなときであったので、祓いの行事がいろいろと行われている。藁(わら)人形をつくり太刀(たち)を持たせて水に流す地方もあり、小麦饅頭(まんじゅう)や団子をつくって農仕事は休む。中国地方から北九州にかけて海辺の地方では海に入って身を清め、牛馬をも海に入れて休ませる。長崎県壱岐(いき)島ではイミといって斎忌を厳重に守る。この日だけは河童(かっぱ)が出ないといって自由に海に入って泳ぐという。

[大藤時彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の夏越の言及

【夏越の祓】より

…6月晦日(みそか)に行う大祓(おおはらえ)の行事をさし,単に夏越,または水無月(みなづき)祓などともいう。大祓は平安期には6月と12月の晦日に朱雀門において,中臣が祝詞を読んで祭事を行っていたが,後世になって6月の祓だけが残ったものである。…

※「夏越」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android