コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外山八郎 とやま はちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

外山八郎 とやま-はちろう

1913-1996 昭和後期-平成時代の市民運動家。
大正2年5月22日生まれ。郷里の和歌山県で高校教師をつとめる。昭和49年田辺市天神崎の開発計画に反対し,「天神崎の自然を大切にする会」の結成に参加,ナショナルトラスト運動を推進した。62年同会は全国初の自然環境保全法人となる。平成8年1月19日死去。82歳。東京帝大卒。
【格言など】自然は偉大なる教師。次代に残さなければ

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

外山八郎の関連キーワード5月22日

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外山八郎の関連情報