コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外陰部ベーチェット病 がいいんぶべーちぇっとびょうBeh[1-09-61-1]et's Disease of the Vulva

1件 の用語解説(外陰部ベーチェット病の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

がいいんぶべーちぇっとびょう【外陰部ベーチェット病 Beh[1-09-61-1]et's Disease of the Vulva】

[どんな病気か]
 ベーチェット病(「ベーチェット病」)は、原因不明の炎症が口腔粘膜(こうくうねんまく)、皮膚、目などに現われ、全身のいろいろな臓器をおかす難病で、厚労省の特定疾患に指定されています。
 女性の場合、皮膚・粘膜症状が主体で、小陰唇(しょういんしん)、大陰唇(だいいんしん)などの外陰部に、痛みをともなった潰瘍(かいよう)を生じます。
[診断と治療]
 ベーチェット病の診断基準(コラムベーチェット病の診断基準」)にあげられている4つの特徴的な症状のほか、血液検査での炎症反応も参考にして診断が行なわれます。また、皮膚の被刺激性も亢進(こうしん)しており、注射後の針あとが赤く腫(は)れて膿(うみ)がたまる(針反応陽性)ことも診断の参考となります。
 現在のところ、根本的な治療法はありませんので、おのおのの症状に応じた治療をしなくてはなりません。
 ベーチェット病の外陰部潰瘍には、局所の清潔を保つとともに、ステロイド薬や抗生剤の軟膏(なんこう)が使用されます。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone