コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外陰部ベーチェット病 がいいんぶべーちぇっとびょう Beh[1-09-61-1]et's Disease of the Vulva

1件 の用語解説(外陰部ベーチェット病の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

がいいんぶべーちぇっとびょう【外陰部ベーチェット病 Beh[1-09-61-1]et's Disease of the Vulva】

[どんな病気か]
 ベーチェット病(「ベーチェット病」)は、原因不明の炎症が口腔粘膜(こうくうねんまく)、皮膚、目などに現われ、全身のいろいろな臓器をおかす難病で、厚労省の特定疾患に指定されています。
 女性の場合、皮膚・粘膜症状が主体で、小陰唇(しょういんしん)、大陰唇(だいいんしん)などの外陰部に、痛みをともなった潰瘍(かいよう)を生じます。
[診断と治療]
 ベーチェット病の診断基準(コラムベーチェット病の診断基準」)にあげられている4つの特徴的な症状のほか、血液検査での炎症反応も参考にして診断が行なわれます。また、皮膚の被刺激性も亢進(こうしん)しており、注射後の針あとが赤く腫(は)れて膿(うみ)がたまる(針反応陽性)ことも診断の参考となります。
 現在のところ、根本的な治療法はありませんので、おのおのの症状に応じた治療をしなくてはなりません。
 ベーチェット病の外陰部潰瘍には、局所の清潔を保つとともに、ステロイド薬や抗生剤の軟膏(なんこう)が使用されます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

外陰部ベーチェット病の関連キーワードページェット病ベーチェット病ペット病ボディーチェックエコーチェック炎症性腸疾患スルーチェックノーチェックパジェット病清水保

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone