コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多元土壌 たげんどじょう polygenic soil

1件 の用語解説(多元土壌の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

多元土壌

複数の要因の下で形成された土壌で,気候,地下水,高度などの変化に対応している.多くの土壌は多元的である[Birkeland : 1974].環境条件の変化などにより同一地点において,種類が異なる土壌生成作用が異なる時期に相次いで作用した結果生じたと考えられる土壌.複合土壌(complex soil)と呼ばれることもある[木村ほか : 1973].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の多元土壌の言及

【古土壌】より

…埋没古土壌の被覆層が削剝されて地表に再び露出した再露出古土壌の場合もある。レリック土壌は過去と現在の異なる自然環境の影響が同一の土壌断面内に重複して反映されている多元土壌である場合が多い。これに対して同一の自然環境で生成した土壌は単元土壌といわれ,現世土壌および化石土壌の大部分はこれに属する。…

※「多元土壌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

多元土壌の関連キーワード間帯性土壌遺跡土化石土壌基盤土壌湿性土壌水成土壌地下水土壌定住土壌ドリフト土壌熱帯ポドゾル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone