コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多心型都市 たしんけいとし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多心型都市
たしんけいとし

都市の活動の中心,すなわち,政治,業務,購買文教,生産,居住レクリエーションなどの各機能の中心を数ヵ所に独立分散させた都市。多核都市ともいう。多心型都市は,もともと同程度の規模の近接するいくつかの都市が,その都市のもっていない重要な機能を他都市に期待して有機的に連合するなかで,高次の都市構造体として発生した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

多心型都市の関連キーワード多核多心型都市新宿副都心

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android