コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多治貞峯 たじひの さだみね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多治貞峯 たじひの-さだみね

799-874 平安時代前期の官吏。
延暦(えんりゃく)18年生まれ。多治比(たじひの)島の玄孫。駿河守(するがのかみ),大学頭(だいがくのかみ),右中弁をへて,伊勢(いせの)守となる。天長9年以来一族がつかっていた丹墀(たじひ)の氏(うじ)名をあらため,元の多治比にもどし,「比」の字をはぶいて2字とした。晩年は酒におぼれ酩酊(めいてい)の日々だったという。貞観(じょうがん)16年11月9日死去。76歳。名は貞岑ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

多治貞峯の関連キーワード滋岳川人張彦遠醍醐寺醍醐寺黄巣の乱醍醐寺家原氏主賀楽内親王願暁寛蓮

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android