コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三相交流 さんそうこうりゅう three-phase current

5件 の用語解説(三相交流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三相交流
さんそうこうりゅう
three-phase current

互いに 120°ずつの角をなし,まったく同じ3つのコイルを,一様な磁場の中で回転させると,位相が互いに 120°ずつずれた3組の正弦波の交流が得られる。これを三相交流という。単相交流より電力の輸送効率や利用効率がよいので,発電所の発電や送電誘導電動機その他の電源として用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんそう‐こうりゅう〔サンサウカウリウ〕【三相交流】

周波数が等しく、位相が120度ずつずれている三つの交流を一組にした電流電力輸送に便利で、誘導電動機の始動が容易なため広く用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三相交流【さんそうこうりゅう】

周波数が等しく位相が互いに120°異なる三つの交流電圧により発生する電流。日本の送電および動力用配電の方式は,3本の線路を用いる三相三線式。普通の単相交流より導線の総重量がはるかに少なくてすみ,高性能の三相電動機が使用できる利点をもつ。
→関連項目回転磁界交流送電

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

さんそうこうりゅう【三相交流】

三つの電圧または電流の振幅が等しく、各電圧間の位相差がそれぞれ120度ずつである交流。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三相交流
さんそうこうりゅう

交流の電気を3本の電線で発電したり送電したりするものをいう。交流の電圧vは交流発電機によって発生され、負荷zに向かって電流iが流れることとなる。このとき、電圧vと電流iの大きさが正弦波(サインカーブ)で変化する。三相交流はこの交流回路(三相交流と区別するために単相交流ともいう)を三つ組み合わせたような回路となる。原理的には単相回路を三つ設けるものであるが、vavbvcを電気的に120度ずらして電流を流すと(図A)、
  vavbvc=0
   また iaibic=0
となる点に着目して、実際の三相回路のように3本の電線で接続する(図B)。
 三相交流回路の電圧源は三相交流発電機によって得ることとなる。三相交流は電気の発生や、発電所から一般需要家への電気の輸送が経済的にできることから、電力系統では広く採用されている。一般家庭では電力系統における三相交流回路の3本の電線のうち2本を引き出して、100ボルトの単相交流として用いている。三相交流は、交流電動機の動力源としても広く用いられている。[松田高幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三相交流の言及

【交流】より

…電力の分野では,商用周波数より低いものを低周波,高いものを高周波というが,無線通信の分野では異なる。相数による分類では,電力網の大部分で使われる三相交流,家庭用,交流電気鉄道などが用いる単相交流のほか,特殊なものに二相,六相交流などがある。
[交流の特徴]
 交流は直流と比較して次のような特徴をもつ。…

【送電】より

…交流を用いる場合を交流送電,直流の場合を直流送電という。交流送電は通常三相交流を用い,送電電圧によって超高圧送電,UHV送電などと呼ばれる。
[歴史]
 電気がエネルギーとして最初に実用化されたのはアーク灯であった。…

※「三相交流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三相交流の関連キーワード対頂角共役角鹿の角切り鹿の角を蜂が刺す互いに素補角余角御互いに鹿の角軸測投影法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三相交流の関連情報