コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多硫化物 たりゅうかぶつpolysulfide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多硫化物
たりゅうかぶつ
polysulfide

ポリ硫化物ともいう。一般式 で表わされる硫化物の総称。一般の金属の硫化物は 型の酸性硫化物, 型の正規 (中性) 硫化物の2系列を形成するが,アルカリ金属および若干のアルカリ土類金属は多硫化物をつくる。これらの硫化物の水溶液は多量の硫黄を溶かし,黄色ないし赤褐色の溶液をつくるが,これは多硫化物の形成に起因する。 n は 2~5 の値をとる。多硫化物はすべて水に易溶,酸を加えると硫黄を遊離する。非金属元素の多硫化物に相当するものに多硫化水素がある。多硫化アンモニウム (黄色硫化アンモニウム) は定性分析の分離試薬として広く用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

多硫化物の関連キーワードアルカリ土類金属硫化カリウム海洋汚染加硫

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android