コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多角測量 たかくそくりょうtraversing

3件 の用語解説(多角測量の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多角測量
たかくそくりょう
traversing

トラバーズ測量,導線測量ともいう。多角点 (トラバーズ点) を結ぶ折れ線の連続を多角路線といい,1つの既知点Aから出発し,次々に折れ線の長さとその間の夾角をはかって,逐次に多角点の座標を求めていく測量。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多角測量
たかくそくりょう
traversing

ある1点から出発して、見通しのきく次の点までの距離と方向角を測定し、これを定められた終点に到達するまで繰り返していく測量法。トラバース測量ともいう。当初、角度の観測にはトランシットを用い、距離の測定には鋼巻尺(スチールテープ)を用いており、主として平地で比較的近距離の測量に用いられ、三角測量に比べて精度は落ちるとされていた。1970年代になると、距離測定に電磁波測距儀を用いるようになって測量距離も精度も作業能率も飛躍的に向上し、三角測量のかわりに多角測量方式が採用されることが多くなり、とくに外国の砂漠地帯での測量にはほとんどこの精密多角測量が実施された。21世紀に入ると、広域の測量はGNSS測量が主流となったが、局所的な測量では引き続き多角測量がよく行われる
 一般の多角測量は出発点に戻って環をつくる閉トラバースと、戻らない開トラバース、および両端点が既知点で固定されている結合トラバースとに分類される。[尾崎幸男・辻 宏道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の多角測量の言及

【トラバース測量】より

…多角測量ともいう。三角形の形と大きさは,2辺の長さとその夾角を知れば一意的に定まる。…

※「多角測量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone