多賀谷安貞(読み)たがや やすさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多賀谷安貞 たがや-やすさだ

1734-1804 江戸時代中期-後期の医師。
享保(きょうほう)19年生まれ。にまなんで腹診法に精通したが,医業をこのまず,親戚,友人や貧困者のみに治療をほどこす。のち砲術で幕府につかえ,銃隊与力となった。文化元年死去。71歳。通称は源蔵。号は楽山

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android