コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽山

美術人名辞典の解説

楽山

江戸後期の融通念仏宗の僧。河内清慶寺12世。姓は西田、通称を徳之助。和泉に生まれ、河内に住した。弘化3年(1846)寂、36才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

楽山【らくさん】

中国,四川省中部の都市。長江の支流岷江(みんこう)に大渡河,青衣江が合流する地点に位置し,交通・商業の中心地。成昆鉄路(成都〜昆明)が通じ,成都〜重慶間の交通の要所でもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らくさん【楽山 Lè shān】

中国,四川省中南部の市。人口110万(1994)。〈らくざん〉ともいう。長江(揚子江)の支流岷江(みんこう)に大渡河と青衣江が合流する地点にある。漢代に南安県,唐代に嘉州,のち宋に嘉定府がおかれたため嘉定ともよぶ。清代に楽山県となった。成都,重慶間の交通の要所にあり,白蠟(はくろう)や絹織物〈嘉綢(かちゆう)〉などの集散地として繁栄,解放後は化学・製鉄工場も建設されている。唐代に岷江河畔の凌雲山に彫られた高さ71mの弥勒仏は楽山大仏(凌雲大仏ともいう)として有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楽山
らくざん / ローシャン

中国、四川(しせん)省中南部の市。揚子江(ようすこう)水系岷(びん)江とその支流の大渡河、青衣(せいい)江の合流点に位置する。1979年県を廃して市となった。宋(そう)代以後の嘉定(かてい)府の治所で、嘉定の別称がある。水陸交通上の要地であり、四川西部の物資集散などの商業活動が盛んで、また、嘉綢(かちゅう)という絹織物生産で知られる。現在は紡織、化学工業のほか、西南の大渡河に銅街子水力発電所がある。岷江河畔の凌雲(りょううん)山にある磨崖(まがい)大仏は有名。[小野菊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

楽山の関連キーワードウートンチヤオ(五通橋)区長岡 住右衛門(5代目)群馬県甘楽郡甘楽町小幡長岡住右衛門(4代)長岡住右衛門(初代)長岡住右衛門(5代)有賀善五郎(14代)長岡住右衛門(2代)長岡住右衛門(3代)群馬県甘楽郡甘楽町土屋善四郎(初代)ローシャン小丸歌之丞手錢記念館中原徳太郎倉崎権兵衛多賀谷安貞一木蘆洲加藤定斎権兵衛焼

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楽山の関連情報