コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多賀谷武兵衛 たがや ぶへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多賀谷武兵衛 たがや-ぶへえ

1765-1834 江戸時代中期-後期の開拓者。
明和2年生まれ。家は代々安芸(あき)広村(広島県呉市)の庄屋。父仙兵衛をたすけて新田開発に従事,多賀谷橋,多賀谷新田など80ha余りを開拓した。天保(てんぽう)5年6月死去。70歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

多賀谷武兵衛の関連キーワード田阪灞山中野碩翁コッチ窯アダムズ(Samuel Adams)賀茂真淵(かもまぶち)鈴木春信ニコライ(Friedrich Nicolai)ブルース(James Bruce)総合年表(アメリカ)石渡宗伯

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android