コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多重仮想記憶 たじゅうかそうきおく

1件 の用語解説(多重仮想記憶の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

多重仮想記憶

仮想メモリー(仮想記憶)を採用したシステムのうち、異なるプロセス(OSの場合はアプリケーション、仮想化されたコンピューターの場合は仮想マシン)に与えられる仮想メモリー空間の仮想アドレスが重複する方式を採用しているものを多重仮想記憶と呼ぶ。管理側(多くの場合MMU)は、テーブル(表)を利用して仮想アドレス物理アドレスを相互変換する。対して、単一仮想記憶では、アドレスが重複しないよう仮想メモリー空間がプロセスに提供される。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多重仮想記憶の関連キーワード仮想記憶仮想メモリースラッシングスワッピングバーチャルメモリーメモリー物理メモリーNEXTSTEP主メモリーメモリー空間

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone