コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜居 ヨイ

デジタル大辞泉の解説

よ‐い〔‐ゐ〕【夜居】

夜の間、勤めの場所に詰めていること。とのい。宿直。
「これは―の人々の目ざましに給へ」〈宇津保・あて宮〉
加持・祈祷(きとう)のため、僧が夜間貴人のそばにつき添っていること。また、その僧。
「―にさぶらひてねぶりたる、うちおどろきて陀羅尼(だらに)読む」〈・総角〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よい【夜居】

加持・祈禱きとうなどのため、僧が一晩中そばに詰めていること。 「しるしあらむ僧もがな。なにがし僧都-にさぶらはすべかりける/源氏 宿木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

夜居の関連キーワード護持僧・御持僧源氏物語陀羅尼内供奉寝聡い護持僧呉融二間眠る

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android