夢違(読み)ゆめちがい

精選版 日本国語大辞典「夢違」の解説

ゆめ‐ちがい ‥ちがひ【夢違】

〘名〙
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第三二「せん方泪に宝舟売り 長枕二人寝られた夢ひ」
※洒落本・百安楚飛(1779)「先初春のそらしづけく〈略〉おふぎおふぎ梦(ユメ)ちがゐ宝舟新板かわりました四五六と」

ゆめ‐ちがえ ‥ちがへ【夢違】

〘名〙 悪い夢を見た時、それが正夢となって災難が来ないように、まじないをすること。ゆめちがい。
※袋草紙(1157‐59頃)上「吉備大臣夢違誦文歌 あらちをのかるやの先に立つ鹿もちがへをすれば違ふとぞ聞く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android