恩田陸(読み)おんだ りく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恩田陸 おんだ-りく

1964- 平成時代の小説家。
昭和39年10月24日生まれ。平成4年「六番目の小夜子」で作家デビュー。17年「夜のピクニック」で吉川英治文学新人賞,本屋大賞。19年「中庭の出来事」で山本周五郎賞。同年江戸川乱歩賞選考委員。推理小説,ファンタジーと幅広く執筆。宮城県出身。早大卒。本名は熊谷奈苗。著作はほかに「きのうの世界」「夢違」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

おんだ‐りく【恩田陸】

[1964~ ]小説家。青森の生まれ。本名、熊谷奈苗。平成4年(1992)日本ファンタジーノベル大賞の候補作となった「六番目の小夜子」で作家デビュー。推理小説やファンタジーをはじめ幅広い作品を手がける。「夜のピクニック」で吉川英治文学新人賞、「中庭の出来事」で山本周五郎賞、「蜜蜂と遠雷」で直木賞を受賞。他に「ユージニア」「きのうの世界」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

恩田陸

日本の作家(女性)。1964年10月25日、青森県青森市生まれ。早稲田大学教育学部を卒業後、不動産会社勤務などを経て、92年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった『六番目の小夜子』(新潮社)で作家デビューした。2005年には、『夜のピクニック』(新潮社)で吉川英治文学新人賞と本屋大賞を受賞する。06年『ユージニア』(角川書店)で日本推理作家協会賞長篇及び連作短篇集部門を、07年『中庭の出来事』(新潮社)では山本周五郎賞を受賞した。直木賞には、05年の『ユージニア』『蒲公英草紙 常野物語』(集英社)、08年『きのうの世界』(講談社)、11年『夢違』(角川書店)、13年『夜の底は柔らかな幻』(文藝春秋)が候補となり、『蜜蜂遠雷』(幻冬舎)で17年1月、第156回直木賞を受賞した。同作は、同年4月に「第14回本屋大賞」を受賞し、同賞2回目受賞及び直木賞とのダブル受賞(共に史上初)を成し遂げた。

(2017-4-13)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恩田陸の関連情報