正夢(読み)セイム

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐む【正夢】

〘名〙 現実の出来事と一致する内容の夢。まさゆめ。
洒落本・淫女皮肉論(1778)叙「夢に三つを論じたり。一に曰神夢、二に曰虚夢、三に曰正夢(セイム)とや」

まさ‐ゆめ【正夢】

[1] 〘名〙 事実と一致する夢。将来、それが事実となる夢。
※権記‐長保三年(1001)二月三日「示夢趣、中将咲云、正夢也」
[2] (真夢) 新内節。安政四年(一八五七)、初世富士松魯中(ろちゅう)作曲。本名題「明烏后真夢(あけがらすのちのまさゆめ)」。浦里と時次郎の心中未遂の道行で、新内節「明烏夢泡雪」の続編に相当。前半に新内節の曲調から脱却した所があるのが特徴。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の正夢の言及

【予知】より

…超感覚的知覚ESPの一型。昔から〈正夢〉など,予知を思わせる現象が知られているが,予知か偶然の一致かの判断は困難なことが多い。予知を最初に実験的に検証しようとしたのは,アメリカのラインであり,1933年のことである。…

※「正夢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正夢の関連情報