コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大三輪長兵衛 おおみわ ちょうべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大三輪長兵衛 おおみわ-ちょうべえ

1835-1908 幕末-明治時代の実業家,政治家。
天保(てんぽう)6年6月4日生まれ。はじめ大坂で北海道産物問屋をいとなむ。明治11年第五十八国立銀行頭取。翌年わが国初の手形交換所を創設。大阪府会議長,同市会議長。31年衆議院議員(当選2回,政友会)。明治41年1月31日死去。74歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大三輪長兵衛

没年:明治41.1.29(1908)
生年:天保6.6.4(1835.6.29)
幕末明治期の大阪の実業家,政治家。李朝(朝鮮)政府のお雇い外国人をも勤めた。福岡,筥崎宮の神職大神嘉納の嗣子。嘉永4(1851)年に九州各地へ漫遊の旅に出て長崎に至り,翻然開国通商の理を悟って実業に進むことに決し,安政5(1858)年には大阪で商人の見習いに入り,北国問屋業(海運業)を始め,松前問屋を開業し,明治初年には同業者の中で有力者の地位に立った。明治10年代には,第五十八国立銀行や手形交換所の創設に努め,大阪の実業界で重きをなす一方,大阪府会,大阪市会議長なども務めた。また,明治24(1891)年8月,朝鮮政府の招聘で貨幣制度改革を進めようとしたが,実現には至らなかった。そののち,京釜線敷設権獲得交渉や日露戦争直前の「日韓議定書」調印を巡って日本政府の意向を背景に朝鮮政府と交渉を進める役割を演じた。<参考文献>沢田修二『大三輪長兵衛の生涯』,宮本又次「大三輪長兵衛」(『上方の研究』5号)

(高嶋雅明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大三輪長兵衛の関連キーワード田中市兵衛明治時代

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android