大中臣淵魚(読み)おおなかとみの ふちな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大中臣淵魚 おおなかとみの-ふちな

774-850 平安時代前期の神職。
宝亀(ほうき)5年生まれ。大中臣清麻呂の孫。弘仁(こうにん)4年伊勢神宮祭主,6年神祇大副(じんぎのたいふ)となり,のち神祇伯にすすむ。天長10年摂津守(かみ)をかねた。嘉祥(かしょう)3年3月3日死去。77歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android