コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大井ダム おおいだむ

デジタル大辞泉プラスの解説

大井ダム

岐阜県恵那市大井町の木曽川水系木曽川に位置する発電用のダム。1924年竣工の重力式コンクリートダムで、総貯水量は29,400,000立方メートル。付属の大井発電所は、日本初のダム式発電所福沢諭吉養子福沢桃介が手がけたダムとしても知られ、土木学会により近代土木遺産に選定されている。ダム建設により誕生した人造湖は、地理学者志賀重昴によって恵那峡と命名された。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の大井ダムの言及

【恵那峡】より

…岐阜県の南東部,木曾川の中流部にある峡谷。木曾川が美濃高原を深く下刻して流れるところで,1924年日本最初のダム式発電所の大井ダムが建設されて,その上流は12kmにおよぶダム湖となり,54年県立自然公園に指定された。この付近の地質は新期花コウ岩で,両岸の絶壁,断崖とともに天然記念物の傘(からかさ)岩など奇岩,怪石が多く,遊覧船でめぐることができる。…

※「大井ダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大井ダムの関連キーワード岐阜県恵那市大井町伊藤 孝重恵那(市)

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android