コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福沢桃介 ふくざわ ももすけ

3件 の用語解説(福沢桃介の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

福沢桃介

実業家。埼玉県生。岩崎紀一の次男、福沢諭吉の養子、のちに分家。慶応義塾に学ぶ。木曽川筋八百津発電所・矢作水力・大阪送電などを設立し電力事業に尽力、瀬戸鉱山・大同電力等の社長に就任。衆議院議員。昭和13年(1938)歿、71才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福沢桃介 ふくざわ-ももすけ

1868-1938 明治-大正時代の実業家。
慶応4年6月25日生まれ。福沢諭吉の娘婿。相場師として名と財をなし,電力事業に力をそそぐ。大阪送電(大正9年大同電力と改称)などを設立し,木曾(きそ)川で大規模な水力発電を開発した。女優川上貞奴(さだやっこ)との仲は有名。明治45年衆議院議員。昭和13年2月15日死去。71歳。武蔵(むさし)横見郡(埼玉県)出身。慶応義塾卒。旧姓は岩崎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福沢桃介
ふくざわももすけ

[生]慶応4(1868).6.25. 武蔵,荒子
[没]1938.2.15. 東京
明治・大正期の実業家。福沢諭吉の二女ふさの娘婿。農業を営む岩崎紀一の二男に生まれ,1887年慶應義塾を卒業,諭吉の援助でアメリカへ渡り,ペンシルバニア鉄道で見習いをする。 1889年帰国して北海道炭礦鉄道,王子製紙などに勤務したが,その間2度肺結核を患って退社。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福沢桃介の関連キーワード赤間嘉之吉秋田半三秋山源兵衛安楽勇十郎大石保岡幸七郎岡烈護得久朝惟十文字大元高田嘉助

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福沢桃介の関連情報