コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴三中 おおともの みなか

2件 の用語解説(大伴三中の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴三中 おおともの-みなか

?-? 奈良時代の官吏。
天平(てんぴょう)元年(729)には摂津(せっつ)班田使判官に在任。8年副使として新羅(しらぎ)(朝鮮)へ派遣される。のち刑部大判事,山陽道巡察使,長門守(ながとのかみ)などを歴任。「万葉集」に長歌1首,短歌4首がみえる。名は御中とも。
【格言など】秋山の黄葉(もみぢ)を挿頭(かざ)しわが居(を)れば浦潮満ち来いまだ飽かなくに(「万葉集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大伴三中

生年:生没年不詳
奈良時代の官人。御中とも書く。天平1(729)年摂津国班田使の判官となり,史生丈部竜麻呂の自殺を傷む歌を詠んだ。8年遣新羅副使となり,対馬(長崎県)で船泊したときの歌とともに『万葉集』(巻3,巻15)に載る。9年帰国,帰途対馬で大使は没し三中も病で入京が遅れた。13年刑部少輔兼大判事ののち兵部少輔などを経て18年長門守となり従五位下に昇叙,19年刑部大判事となった。

(佐藤信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大伴三中の関連キーワード天平尺阿刀酒主掃守王紀豊河高麗広山長田王御方大野弓削薩摩李元環天平美術

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone