コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挿頭 カザシ

デジタル大辞泉の解説

かざし【挿頭】

上代、草木の花や枝などを髪にしたこと。また、挿した花や枝。平安時代以後は、に挿すことにもいい、多く造花を用いた。幸いを願う呪術的行為が、のち飾りになったものという。→髻華(うず)
「秋萩は盛り過ぐるをいたづらに―に挿さず帰りなむとや」〈・一五五九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

挿頭【かざし】

神事や饗宴のとき,巾子(こじ)にさす造花の飾り。古く草木の枝や花を髪にさしたのが起源で,絹糸や金属で作り平安時代盛んに用いられた。挿にはフジ,サクラ,ヤマブキリンドウ,キク,ササ,モモなどがあり,さす人や行事によって決まっていた。
→関連項目東遊髻華

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かざし【挿頭】

神事や饗宴のときなど冠の巾子(こじ)にさす造花の飾りをいう。古く男女が自然植物の花や枝葉をめで,これを頭髪にさして飾りとした風習があったが,のち中国から伝わった冠の飾りにつけた髻華(うず)と習合して,ながく年中行事のうちの一部にこの風習が伝えられた。そのおもなものは大嘗会(だいじようえ),賀茂や石清水臨時祭(使いや舞人陪従など),政治的な行事では列見定考(こうじよう)のとき,また踏歌節会(とうかのせちえ)のときなどで,さす花にはフジ,サクラ,ヤマブキ,リンドウ,キク,ササ,カツラなどがあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かざし【挿頭】

花や木の枝を折り、髪や冠に挿したもの。古くは、生命力を身につける呪術じゆじゆつ的な意味を持ったが、後に形式化し、造花を用いることが多くなった。 「わが背子が-の萩に置く露を/万葉集 2225」 → 髻華うず
江戸時代の国学者富士谷成章の用いた、国語の単語分類用語の一。 → 挿頭抄かざししよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の挿頭の言及

【簪】より

…古代においては,先のとがった1本の細い棒に呪力が宿ると信じられ,髪刺も,髪に1本の細い棒を挿すことによって魔を払うことができると考えられていた。一方,《日本書紀》や《万葉集》などにみえる挿頭(かざし)は,神事や朝廷の節会(せちえ)に公卿宮人の冠に花枝を挿すことが行われ,これが民間の祭事などにも流行し,一般の節会の習慣になっている。挿頭も語源としては髪刺と同じであると考えられる。…

※「挿頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

挿頭の関連キーワード時の花をかざす巳の日の節会装い・粧い諸葛・諸鬘足結・脚結富士谷成章久米広縄挿頭の花挿頭の箱あゆひ抄手底の玉大伴三中挿頭抄挿頭華春庭楽頭飾り高巾子脚結抄胡蝶楽綿花

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android