コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大倉燁子 おおくら てるこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大倉燁子 おおくら-てるこ

1886-1960 昭和時代の小説家。
明治19年4月12日生まれ。物集(もずめ)高見の娘。二葉亭四迷,森下雨村に師事。外交官の夫と欧米に滞在し,コナン=ドイルの作品を知る。昭和10年短編小説集「踊る影絵」,長編「殺人流線型」を発表,日本初の女性の探偵小説家として注目された。昭和35年7月18日死去。74歳。東京出身。本名は物集芳子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大倉燁子の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android