コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大儀見優季 おおぎみ ゆうき

2件 の用語解説(大儀見優季の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大儀見優季 おおぎみ-ゆうき

1987- 平成時代の女子サッカー選手。
昭和62年7月15日生まれ。ポジションはFW。FC厚木ガールズから平成12年日テレ・メニーナ,翌年日本女子サッカーリーグ(Lリーグ)に登録,15年日テレ・ベレーザに入団。17年Lリーグ・ベストイレブン,18年なでしこリーグ得点王・ベストイレブン。日本代表(現・なでしこジャパン)デビューは16年AFC女子サッカー予選のタイ戦。20年北京五輪代表となり4位入賞をはたした。22年ドイツ1部リーグの1.FFCトゥルビーネ・ポツダムとプロ契約をむすぶ。23年FIFA女子ワールドカップで日本代表に選ばれて全試合に出場し,予選リーグのニュージーランド戦で1得点をあげるなど,金メダル獲得に貢献。24年ロンドン五輪代表に選ばれ,全6試合に出場して銀メダルを獲得。同年ドイツのブンデスリーガ得点王。25年イングランドのチェルシー・レディースFCに,27年ドイツのヴォルフスブルクに移籍。同年FIFA女子ワールドカップ日本代表に,妹の永里亜紗乃とともにえらばれ,全7試合にフル出場,2得点をあげるなど準優勝に貢献。神奈川県出身。東海大卒。旧姓は永里。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

知恵蔵miniの解説

大儀見優季

女子サッカー選手。1987年7月15日、神奈川県生まれ。旧姓・永里。ポジションフォワード。小学1年生でサッカーを始め、中学2年生でLリーグ(現なでしこリーグ)の日テレ・ベレーザに登録される。2010年ドイツの女子ブンデスリーガ1部所属クラブ1.FFCトゥルビネ・ポツダムに移籍し、UEFA女子チャンピオンズリーグの優勝に貢献、12-13シーズンにはリーグ得点王に輝く。13年にはイングランド女子スーパーリーグ、チェルシーLFCへの移籍が決定した。日本代表では、04年にアテネオリンピックアジア予選のメンバーに選出されて以来、主力として活躍。11年には女子ワールドカップドイツ大会優勝、12年のロンドン五輪では銀メダル獲得に貢献した。

(2013-7-10)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

大儀見優季の関連キーワード竹下登内閣横山めぐみMAGUMIマンガ日本経済入門朝鮮映画バブル経済横浜事件シェール多段階記述様式倉俣史朗

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone