コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大儀見優季 おおぎみ ゆうき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大儀見優季 おおぎみ-ゆうき

1987- 平成時代の女子サッカー選手。
昭和62年7月15日生まれ。ポジションはFW。FC厚木ガールズから平成12年日テレ・メニーナ,翌年日本女子サッカーリーグ(Lリーグ)に登録,15年日テレ・ベレーザに入団。17年Lリーグ・ベストイレブン,18年なでしこリーグ得点王・ベストイレブン。日本代表(現・なでしこジャパン)デビューは16年AFC女子サッカー予選のタイ戦。20年北京五輪代表となり4位入賞をはたした。22年ドイツ1部リーグの1.FFCトゥルビーネ・ポツダムとプロ契約をむすぶ。23年FIFA女子ワールドカップで日本代表に選ばれて全試合に出場し,予選リーグのニュージーランド戦で1得点をあげるなど,金メダル獲得に貢献。24年ロンドン五輪代表に選ばれ,全6試合に出場して銀メダルを獲得。同年ドイツのブンデスリーガ得点王。25年イングランドのチェルシー・レディースFCに,27年ドイツのヴォルフスブルクに移籍。同年FIFA女子ワールドカップ日本代表に,妹の永里亜紗乃とともにえらばれ,全7試合にフル出場,2得点をあげるなど準優勝に貢献。神奈川県出身。東海大卒。旧姓は永里。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

大儀見優季

女子サッカー選手。1987年7月15日、神奈川県生まれ。旧姓・永里。ポジションはフォワード。小学1年生でサッカーを始め、中学2年生でLリーグ(現なでしこリーグ)の日テレ・ベレーザに登録される。2010年、ドイツの女子ブンデスリーガ1部所属クラブ1.FFCトゥルビネ・ポツダムに移籍し、UEFA女子チャンピオンズリーグの優勝に貢献、12-13シーズンにはリーグ得点王に輝く。13年にはイングランド女子スーパーリーグ、チェルシーLFCへの移籍が決定した。日本代表では、04年にアテネオリンピック・アジア予選のメンバーに選出されて以来、主力として活躍。11年には女子ワールドカップドイツ大会優勝、12年のロンドン五輪では銀メダル獲得に貢献した。

(2013-7-10)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

大儀見優季の関連キーワード国営企業等労働組合協議会アルモドバル国鉄労働組合島田修二井上光晴ウォーホルゴダール(Jean-Luc Godard)鈴木了二高松伸竹下登内閣

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android