コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大儀見優季 おおぎみ ゆうき

2件 の用語解説(大儀見優季の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大儀見優季 おおぎみ-ゆうき

1987- 平成時代の女子サッカー選手。
昭和62年7月15日生まれ。ポジションはFW。FC厚木ガールズから平成12年日テレ・メニーナ,翌年日本女子サッカーリーグ(Lリーグ)に登録,15年日テレ・ベレーザに入団。17年Lリーグ・ベストイレブン,18年なでしこリーグ得点王・ベストイレブン。日本代表(現・なでしこジャパン)デビューは16年AFC女子サッカー予選のタイ戦。20年北京五輪代表となり4位入賞をはたした。22年ドイツ1部リーグの1.FFCトゥルビーネ・ポツダムとプロ契約をむすぶ。23年FIFA女子ワールドカップで日本代表に選ばれて全試合に出場し,予選リーグのニュージーランド戦で1得点をあげるなど,金メダル獲得に貢献。24年ロンドン五輪代表に選ばれ,全6試合に出場して銀メダルを獲得。同年ドイツのブンデスリーガ得点王。25年イングランドのチェルシー・レディースFCに,27年ドイツのヴォルフスブルクに移籍。同年FIFA女子ワールドカップ日本代表に,妹の永里亜紗乃とともにえらばれ,全7試合にフル出場,2得点をあげるなど準優勝に貢献。神奈川県出身。東海大卒。旧姓は永里。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵miniの解説

大儀見優季

女子サッカー選手。1987年7月15日、神奈川県生まれ。旧姓・永里。ポジションフォワード。小学1年生でサッカーを始め、中学2年生でLリーグ(現なでしこリーグ)の日テレ・ベレーザに登録される。2010年ドイツの女子ブンデスリーガ1部所属クラブ1.FFCトゥルビネ・ポツダムに移籍し、UEFA女子チャンピオンズリーグの優勝に貢献、12-13シーズンにはリーグ得点王に輝く。13年にはイングランド女子スーパーリーグ、チェルシーLFCへの移籍が決定した。日本代表では、04年にアテネオリンピックアジア予選のメンバーに選出されて以来、主力として活躍。11年には女子ワールドカップドイツ大会優勝、12年のロンドン五輪では銀メダル獲得に貢献した。

(2013-7-10)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大儀見優季の関連キーワード皇后杯国内の女子サッカー池田浩美柳田美幸宇津木瑠美福元美穂矢野喬子岩渕真奈鮫島彩村松大輔

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大儀見優季の関連情報