コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大典侍 おおてんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大典侍 おおてんじ

?-1741 江戸時代中期,徳川綱吉の側室。
上臈(じょうろう)として神田御殿にはいる。美貌(びぼう)と上品さで将軍綱吉の寵愛(ちょうあい)をうける。北の丸にすんだので北の丸殿とよばれた。寛保(かんぽう)元年10月10日死去。京都出身。法名は寿光院。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大典侍の関連キーワード藤原今子(2)良純入道親王新崇賢門院庭田秀子中山親子開明門院高野正子中山績子庭田具子徳川綱吉日野輝子清光院上臈

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android