大切・台切・大鋸(読み)だいぎり

精選版 日本国語大辞典の解説

だい‐ぎり【大切・台切・大鋸】

〘名〙
① 大形ののこぎり。大鋸(おおが)
※梅津政景日記‐慶長一七年(1612)九月二二日「籠材木大きりひきの儀に付」
※浄瑠璃・三荘太夫五人嬢(1727)五「台切(ダイギリ)鋸切生木の成敗、次第に食ひ入る肉と皮、骨に当ってきっしきし」
② ニワトリの唐丸(とうまる)のうちで、とさかが①のようになったものをいう。〔本朝食鑑(1697)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android