成敗(読み)セイハイ

デジタル大辞泉の解説

せい‐はい【成敗】

成功と失敗。「成敗は時の運」

せい‐ばい【成敗】

[名](スル)
処罰すること。こらしめること。特に、罪人などを打ち首にすること。「逆賊を成敗する」「けんか両成敗
裁決すること。さばき。「神の成敗
政治を行うこと。執政。
「賢王賢主の御政(おんまつりごと)も、摂政関白の御―も」〈平家・一〉
処置すること。取り計らうこと。
「今度の軍(いくさ)の―をば三浦平六左衛門にぞ許されける」〈太平記・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せいばい【成敗】

中世武家が1232年(貞永1)に初めて制定した法律は〈御成敗式目〉と称せられている。〈成〉という辞句を公式に法制用語として使用したのはこれが最初であろう。その注釈書(《式目抄》)に,〈成敗〉という意味について,〈成敗ノ二字ハ,日本ニツカウモ,唐(中国)ニツカウモ,同ジ心也,成トハ悪ヲヤブルヲ云,善事ヲバ成シ,悪事ヲバ敗ルヲ成敗ト云ウ也,但シ成ト敗トハ二ツニシテ一也,善ヲ成セバ自ラ悪ハ敗ルヽ也,悪ヲ敗レバ自ラ善ハ成ル也〉と説明し,〈成敗〉は相関的な語であるとしているように,古来広義には政務を意味し,狭義には制裁または裁判を意味した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいはい【成敗】

成功することと失敗すること。成否。 「 -は時の運」 → せいばい(成敗)

せいばい【成敗】

( 名 ) スル
処罰すること。こらしめること。 「悪人を-する」 「喧嘩両-」
打ち首にすること。斬罪に処すること。
政治を行うこと。政務をとること。 「いかなる賢王賢主の御政も、摂政関白の御-も/平家 1
裁くこと。裁いて可否を決すること。 「泰時御代官として、年久しく此の如く問答-仕つる/沙石 3
とりはからい。処置。計画。 「南都炎上の事、故入道殿の-にもあらず/平家 10

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

成敗の関連情報