成敗(読み)せいばい

精選版 日本国語大辞典 「成敗」の意味・読み・例文・類語

せい‐ばい【成敗】

〘名〙
政治を行なうこと。政務を執ること。執政。政務。
平家(13C前)一「いかなる賢王賢主の御政(まつりごと)も、摂政関白の御成敗も」
読本・椿説弓張月(1807‐11)後「われ一己(いっこ)にて成敗(セイバイ)を主(つかさど)ればこそ」
② とりはからうこと。処置すること。工夫。計画。
明衡往来(11C中か)上本「賀茂祭以後可小除目之由云々。所望之事成敗難計」
太平記(14C後)一〇「今度の軍の成敗をば三浦平六左衛門にぞ許されける」
③ さばくこと。裁決すること。さばき。裁断
※貴嶺問答(1185‐90頃)「申旨理非如何、大学迷成敗
④ こらしめること。処罰すること。しおき。特に罪人斬罪に処すること。打ち首にすること。お手討。
※本朝文粋(1060頃)二・応討滅夷賊符〈都良香〉「察其所一レ録。為図成敗
※太平記(14C後)六「罪を緩(ゆる)うするは将の謀也と云事を知らざりける六波羅の成敗(セイハイ)を」
浮世草子・西鶴諸国はなし(1685)四「彼男は縄をかけて其夜にせいばいにあいける」

せい‐はい【成敗】

〘名〙
① 事の成ることと敗れること。成功失敗。成功するか失敗するかということ。勝敗
※十七箇条憲法(604)「九曰、信是義本。毎事有信。其善悪成敗。要在于信
※太平記(14C後)八「さては軍(いくさ)の成敗(セイハイ)心にくからず」 〔史記‐高祖本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「成敗」の意味・読み・例文・類語

せい‐ばい【成敗】

[名](スル)
処罰すること。こらしめること。特に、罪人などを打ち首にすること。「逆賊成敗する」「けんか両成敗
裁決すること。さばき。「神の成敗
政治を行うこと。執政。
「賢王賢主の御政おんまつりごとも、摂政関白の御―も」〈平家・一〉
処置すること。取り計らうこと。
「今度のいくさの―をば三浦平六左衛門にぞ許されける」〈太平記・一〇〉
[類語]処罰制裁両成敗厳罰罰する

せい‐はい【成敗】

成功と失敗。「成敗は時の運」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「成敗」の読み・字形・画数・意味

【成敗】せいはい

成功と失敗。〔列子楊朱〕但だ伏羲已來三十餘、賢愚好醜(かうしう)、敗是非、滅せざる無し。但だ遲のみ。

字通「成」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典 第2版 「成敗」の意味・わかりやすい解説

せいばい【成敗】

中世武家が1232年(貞永1)に初めて制定した法律は〈御成敗式目〉と称せられている。〈成敗〉という辞句を公式に法制用語として使用したのはこれが最初であろう。その注釈書(《式目抄》)に,〈成敗〉という意味について,〈成敗ノ二字ハ,日本ニツカウモ,唐(中国)ニツカウモ,同ジ心也,成トハ悪ヲヤブルヲ云,善事ヲバ成シ,悪事ヲバ敗ルヲ成敗ト云ウ也,但シ成ト敗トハ二ツニシテ一也,善ヲ成セバ自ラ悪ハ敗ルヽ也,悪ヲ敗レバ自ラ善ハ成ル也〉と説明し,〈成敗〉は相関的な語であるとしているように,古来広義には政務を意味し,狭義には制裁または裁判を意味した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

山川 日本史小辞典 改訂新版 「成敗」の解説

成敗
せいばい

政務をとること,事柄を処置すること,裁決すること,処罰することなど,中世~近世にさまざまな意味で用いられた。漢語の原義は「勝敗(を決すること)」で,中世における意味の中心は物事を分別し決定することにあった。鎌倉幕府ではしばしば所領を承認する安堵(あんど)との対比で用いられ,一方の当事者の申立てにもとづく安堵に対し,成敗は対立する当事者の主張の間に立って断を下すことを意味した。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

今日のキーワード

アルツハイマー

[1864~1915]ドイツの精神医学者。クレペリンのもとで研究に従事。1906年、記憶障害に始まって認知機能が急速に低下し、発症から約10年で死亡に至った50代女性患者の症例を報告。クレペリンによっ...

アルツハイマーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android