コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大利鼎吉 おおり ていきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大利鼎吉 おおり-ていきち

1842-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)13年生まれ。土佐高知藩士。土佐勤王党にくわわり,文久2年五十人組のひとりとして江戸にでて活動。のち脱藩して長門(ながと)にいき,禁門の変にも参加。元治(げんじ)2年1月8日,大坂で新選組におそわれ殺された。24歳。名は正樹。

大利鼎吉 おおざと-ていきち

おおり-ていきち

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大利鼎吉の関連キーワードゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)ヘリング(Ewald Hering)フォーレアメリカ合衆国史(年表)キネーアーサーアンダーソンウォートルス

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone