大割(読み)おおわり

  • おおわり おほ‥
  • おわり

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 物事のだいたいのところ。概略。
※仮名草子・清水物語(1638)上「四つの字を何事にもあてて見れば、分別の大わりはさだまるなり」
② 木、特に香木などを大きめに割る、ぜいたくなやり方をすること。また、大きく割った木。
※浮世草子・椀久二世(1691)上「初瀬などいへる名の木を大割(オホワリ)にして焼(たき)かけぬれば」
③ 江戸時代、諸藩が土木工事その他の公共事業に要した経費の賦課方法で、郡に割り当てるもの。⇔小割
※郡中割元帳‐享保六年(1721)(美濃加納藩)「川々御普請入用八拾四両壱分銀七匁五分大割為致」
〘名〙 割木の特に大きなもの。餠つきのときなど、蒸し物に湯気を大いにあげるときに使う。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大割の言及

【木挽】より

…のこぎりの改良にともなって盛んとなったのであるが,製材所の機械のこぎりの普及とともに衰微した。それでも大割(おおわり)といって,大木を山から搬出できるようにひき割るのが,なお,木挽仕事として残っている。のこぎりは目立(めたて)がもっとも肝心で,その巧拙で切れ味が定まるので,それにいちばん努力を集中した。…

※「大割」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大割の関連情報