コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大南国史演歌 だいなんこくしえんかDai Nam Quoc Su Dien Ca

世界大百科事典 第2版の解説

だいなんこくしえんか【大南国史演歌 Dai Nam Quoc Su Dien Ca】

ベトナムのレ(黎)朝からグエン(阮)朝にかけて盛行したチュノムと漢字を混用して書かれた六八体と称する民族語詩で,ベトナムの歴史を歌ったもの。おおむね正史《大越史記全書》の記述によって古代のホンバン(鴻厖)朝から18世紀末のタイソン(西山)朝までの歴史を2054行で歌っている。17世紀末に民族語によって書かれた最初の歴史長編詩《天南語録外紀》の流れを引くもので,グエン朝嗣徳11年(1858),《史記国語歌》の題名で伝わっていたこの書をレ・ゴ・カット(黎呉吉)らが校訂し,新たにレ朝の歴史を加えて《越史国語》1916行に改稿,その後これにファムスアン・クエ(范春桂)が手を加えて《越史国語潤正》1887行の長編詩として成ったものに,さらにファム・ディン・トアイ(范廷倅)やファム・ディン・トック(范廷植)らが推敲や修訂を加えて2054行の長編詩として完成し,1870年に板刻された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone