推敲(読み)スイコウ

デジタル大辞泉の解説

すい‐こう〔‐カウ〕【推×敲】

[名](スル)《唐の詩人賈島(かとう)が、「僧は推す月下の門」という自作の詩句について、「推す」を「(たた)く」とすべきかどうか思い迷ったすえ、韓愈(かんゆ)に問うて、「敲」の字に改めたという故事から》詩文の字句や文章を十分に吟味して練りなおすこと。「推敲を重ねる」「何度も推敲する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいこう【推敲】

( 名 ) スル
〔唐代の詩人賈島かとうが、「僧は推す月下の門」の「推(おす)」を「敲(たたく)」にしようかと迷って、韓愈の助言で「敲」にきめたという「唐詩紀事賈島」にある故事から〕
詩文を作るとき、最適の字句や表現を求めて考え練り上げること。 「 -を重ねる」 「原稿を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

推敲の関連情報