コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大原の三寂 おおはらのさんじゃく

世界大百科事典 第2版の解説

おおはらのさんじゃく【大原の三寂】

平安末期,藤原為忠の子藤原為業藤原為経藤原頼業の三兄弟の称。三者は官仕を辞して出家し,それぞれ寂念・寂超・寂然と称し,歌人として活躍,のち三寂と称せられた。寂超・寂然は大原に住んだが,寂念が大原に住んだ証はなく,父の別荘のあった地にちなみ常磐の三寂と呼ぶほうがよいとする説もある。三者の行為は,官界の束縛を離れて仏道に心をひそめる風潮と軌を一にし,特に寂然は西行と親交があった。【井上 宗雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大原の三寂の関連キーワード唯心房集

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android