コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原頼業 フジワラノヨリナリ

5件 の用語解説(藤原頼業の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐の‐よりなり〔ふぢはら‐〕【藤原頼業】

平安末期の歌人。出家して寂然(じゃくぜん)と号し、兄弟の為業(寂念)・為経(寂超)とともに大原に隠れ住み、大原三寂と称された。歌集「寂然法師集」「唯心房集」など。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原頼業 ふじわらの-よりなり

寂然(じゃくぜん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原頼業

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:元永頃(1118~20)
平安時代の歌人。常盤丹後守為忠の4男。従五位下壱岐守に至るが,久寿(1154~56)以前に出家。寂然(唯心房とも)と称し,兄の為業(寂念),為経(寂超)と共に常盤三寂(大原三寂)と呼ばれた。大原で隠遁生活を営み,西行と親しく交際した。保元の乱(1156)後から長寛2(1164)年までの間に,讃岐に流された崇徳上皇を訪ねたこともある。家集に『唯心房集』『寂然法師集』があるほか,『法門百首』がある。常盤三寂のなかでは最も評価が高い。隠逸的傾向が強く,信仰に裏付けられた閑寂な境地を切り開いた。<参考文献>井上宗雄『増補版・平安後期歌人伝の研究』

(谷知子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのよりなり【藤原頼業】

平安末期の歌人。生没年不詳。1118年(元永1)ころ生まれ,82年(寿永1)には生存。為忠の子。勅撰集には《千載集》に初出。蔵人,左近将監を経て1148年壱岐守,次いで出家して大原に住み,唯心房寂然(ゆいしんぼうじやくねん)と号した。大原の三寂(常磐(ときわ)の三寂)の一人。寂超とともに大原の縁忍から止観を習い,仏道に深く心をひそめたが,和歌や今様を好み,西行と親しかった。家集に《唯心房集》,経文に基づいて詠歌した《法門百首》などがあり,歌人として声望は高かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじわらのよりなり【藤原頼業】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤原頼業の言及

【唯心房集】より

…唯心房寂然(じやくねん)(俗名藤原頼業(よりなり))の家集。平安末期。…

※「藤原頼業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原頼業の関連キーワード袖の子野分け葉隠る玉の杯節立つ藤原為業在五忌高階信平肥後(1)藤原為忠

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone